スマホの使い過ぎ?子供の視力低下対策【YouTube Kids】

育児編
こども
こども

スマホ楽しい!
毎日YouTube見る!

こはるパパ
こはるパパ

YouTube見過ぎや

こんにちは!こはるパパです!

我が愛娘のこはるは、YouTubeが大好きです。

好きすぎて、

朝起きたら『YouTube見る。』

朝ごはん食べたら『YouTube見る。』

お昼ご飯を食べたら『YouTube見る。』

もうなんかずっと、『YouTube見る。』・・・・・

起きてから寝るまで、ずっとYouTube見てる気がします。

ベイビーバス・ペッパピック・ポンポンポロロ・鬼滅の刃・アンパンマンを

延々と見続ける子供・・・可愛いですよね。

集中しながら見ているお口はヒヨコの様・・・

親として、そこで心配になるのは、

子供の目が悪くなるのでは・・・

という疑問です。


間違いなく、目は悪くなります。

そして、目が悪くなったが最後、

自然に視力良くなる方法は現代医療では存在しません。

疲れたママ
疲れたママ

正論ばかり言われても・・・
毎日子供と遊ぶのは疲れるのよ・・・

こはるパパ
こはるパパ

ホントーーーーに!
その通り!!!

小さい怪獣のお世話をするのは、スーパーマンでも疲労困憊します。

今回は、子供の目を心配している親御様の方々に、オススメのアプリを紹介します!

その名も・・・・・・・

これマジ神アプリです。

今回は、YouTube Kidsについて詳しく解説していきます。

✅こんな人に読んでほしい
  • スマホの見過ぎで子供の視力低下が心配。
  • ネットサーフィンで見せたくない動画を検索してしまうのではないか心配。
  • スマホの使用頻度を制御できるアプリが知りたい。

現代の子供は、スマホ依存症が常識!?

ママ
ママ

今の子なんて、絶対目は悪くなるよね・・・
スマホ中毒の親の子供が、
中毒になるのなんて必然だよね・・・

と思っているそこの貴方。

子供がスマホ依存症になるかならないかは、親の貴方次第です。

自己判断がつかない子供にスマホを与えているのは紛れもなく親です。

子供がスマホを使うことが悪なのではなく、

長時間の使用を抑制することが重要になります。

とはいえ、大人でも手放せないのがスマホ。

便利すぎる上にコンテンツとしては楽しすぎて、

中毒になるのは仕方がない事です。

パパ
パパ

じゃあどうやって対策すればいいの?
スマホを捨てるなんて無理だよ?

対策は簡単です。

スマホの使用時間に、時間制限を設ければいいのです。

ママ
ママ

いやいや、そんな簡単にいかないよ。
スマホのタイマーをセットしてても、
スイッってやっちゃうの。
うちの子。スイッて。

最初は筆者も思っていました。

タイマーを付けようが、注意をしようが、子供は全くスマホを離しません。

スマホを強制的に取り上げるのではなく、

良い方法はないかな~?と探していると、

ありました。稀代の神アプリが。

そのアプリこそ

YouTube Kids – 子どもたちのためのアプリです。

詳しく解説していきます。

子供たちのためのアプリ YouTube Kidsとは?

YouTube Kidsとは、名前の通り子供たちがYouTubeを安全に見る為のアプリです。

保護者によるコンテンツの制限や、閲覧時間の制御(タイマー設定)などが出来ます。

今回特出してお伝えしていきたいのは、

『閲覧時間の制御』になります。

つまり、終わりの時間を決めることが出来ることで、

『ダラダラ見る』ことが無くなります。

タイマーを30分と決めた後に、30分経つと以下の画像が出てきます。

この終了の時間、終了の画像が出てくることで、

『終わったよ~。』と自分から宣言してくれるようになりました。

今までスマホのタイマーを設定し、

『ブーブーなったらおしまいだよ。』

と伝えて放置していたら、

ブザーが鳴る瞬間にスンッてブザー削除して、

見続けていたうちの子供がですよ?

無意識ではありますが、

皆さんもこういう経験はないでしょうか?

好きなアニメを見て、EDが始まったら

あ~今回も楽しかったなぁ

と満足で終わること

そうです。どれだけ好きな事をやっていたとしても、

連続して続けていると疲れてしまうんです。

でも、終わりが見えないとダラダラ見てしまう。

ぶっちゃけ後半の内容は頭に入ってないけど、

終わりのタイミングが見当たらないから取りあえず見ちゃう。

子供も同じで、しっかりと終わりのタイミングが来て、

同じような終わり方で締めくくれば、

気持ちを作りやすいんです。

子供の自由時間は親が制限していた?

よく考えたら、僕らも気が付かないうちに

『親が設けていた時間制限の中で』

遊んでいたのではないでしょうか?

  • ゲームは一日1時間まで。
  • 門限は18時まで。
  • 夜になったら読書はしない。

等など。

我が家は、晩御飯から寝るまでの時間がゲーム禁止だった為、

19時にご飯食べて20時に寝て、

夜中の2時にお兄ちゃんと一緒に起きて夜中からゲームしてました。笑

我ながらクソガキだったなぁと思いますが、

親(社会)のルールの抜け穴を探すのは、

今も昔も楽しいもので・・・・

夢中になって好きな事をやる為に全力を賭していた気がします。

親の立場だからこそできる事

親の立場となった以上、全力で子供の為に心を鬼武者にしましょう。

使えるものはすべて使って、子供の為に視力を守る。

勉強の時間を守る。

運動の時間を守る。

動画を見たり、ゲームをすることは、絶対悪ではありませんが、必要悪です。

娯楽をし過ぎれば、努力している人間から追い抜かされてしまうし、

娯楽が無ければ人生を楽しめません。

要はバランスです。

まだ小さい子は、娯楽に走りすぎてしまうので、

親が責任を持って正しい方向に導いてあげましょう。

最後に

最後まで読んで頂き有難う御座います。

このご時世、防犯上・友達関係上、

スマホは必須アイテムとなりました。

スマホはとても優秀で、

革新的なアイテムだと思いますが、

その分中毒性のあるアイテムとなっています。

自己判断でスマホを持てない子供に、スマホを与えるのは『親の選択』です。

子供が巣立つまで、ほどほどに一緒に歩んでいきましょう!

こはるパパ
こはるパパ

巣立ってほしくないよぉ(ぴえん)

ほいでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました