有給って消えます【会社員の七不思議】~有給取得の取りかたのコツ~

サラリーマン編
こはるパパ
こはるパパ

皆さん・・・

知っていましたか・・・

有給って・・・消えるんです・・・・

有給という権利を使えていない会社員の方が多数います。

本記事では、現在の日本人の現状を理解するうえで、

効率的な有給取得の方法を記事にしていきたいと思います。

✅こんな人に読んでほしい!

  • 新社会人
  • 有給取得が出来ていない人
  • 管理職

✅この記事で分かる事

  1. 有給の意味
  2. 日本の社会人の常識
  3. 有給取得の効率的な方法

それでは行きましょう!

有給ってなに?

有給=正式名称は年次有給休暇。使用者が賃金の支払いを受ける休暇日の事。

   労働基準法で定められた、『労働者の権利』である。

有給の権利を取得する為には大きく二つ、条件をクリアする必要があります。

①入社日から半年以上経過していること。

⇒弊社では、4/1配属の段階から、有給の権利を取得してます。

②全労働日の8割以上出社していること

⇒全労働日の8割、ちゃんと出勤してたら有給ってとれます。

【恐怖】有給の上限=40日

selective focus photo of brown and blue hourglass on stones

上記にもあるように、労働基準法という『働く人を守る法』で、有給は労働者の権利!!

こはるパパ
こはるパパ

よ~~~し!!

沢山休むぞぉ~~~!!

とはならないのが現実ですよね。

なんか知らんけど、有給取得って『悪』の雰囲気強くないですか?

権利を使用することは悪であり、権利を放棄してまで働くことが正義 = 美学

みたいな雰囲気ありません?

いやいやいやいやいや。おかしくない?

しかも、有給の上限って40日ってやばないすか?

使わないとどうなるかって?

消えるんです

これが世に言う『会社員の七不思議』の一つ。

消える有給 会社員の七不思議

です。

消えた有給はどこに行くの?

Milky Way, Galaxy, Night, Sky, Stars, Cosmos, Science

有給は消えた後、どこに行くんでしょうか。

あれ?これどっかで聞いたことあるセリフだな。

思い出した。

人間は死んだらどこに行くの?

ですわ。

この答えは沢山あるけれど、一番有名なのは、

人間は死んだらお星さまになるの。

ですね。

つまり、有給は40日を超えたら、お星さまになります。

注:なりません。消滅します。

武勇伝を話す社長

4月の社長は大忙し。

各取引先に挨拶言ったり挨拶に来られたリ。

こんな中、唯一(?)の楽しみは、新入社員との戯れですね。

今年は、こんなこと言ってました。

社長
社長

昔は、360日、一日20時間くらい働いていたんだぞ~。

有給なんてあってないようなもの!取ったことなかったわ!

す!!!凄い!!!!

凄すぎるぞ社長!!!!!

コンプライアンス違反が凄すぎるぞ~~~!!!

マジ馬鹿ですね。うちの社長。

自慢すんなそんなこと。恥ずかしい。

ぶっちゃけ日本人って勤勉が善みたいな思考なので、

自慢話で『俺凄い勤勉』話してきます。

それ、自分は会社の為にボロ雑巾のように扱われてきました!

僕奴隷です!!って言ってるようなもんですからね。

自慢話じゃなくて、自虐話ですからね。

有給取得のコツ ~有給取って家で過ごそう~

実際有給を取得しようとしても、業務の都合が合わない。

周りの同僚との休みの調整の都合で取得できない。

そもそも有給を取得するなと言われている。

等など、様々な要因があり取得が出来ていないと思います。

ではここで一つ考えてみましょう。

皆さんは356日休まずに働いてますか?

休んでますよね?

土日・祝日、休んでますよね。

「いや!俺は365日年中無休で働いているぜぇ~!」

ってゆう人は、労働基準法違反なので社長を捕まえてください。

法律違反です。

会社を訴えてください。

有給を取得する為のコツは、『最初から休みの日を決めておく』です。

どうしても、有給取得する日に仕事が入ってしまったら、

有給振替日を、前後1週間以内に取得してください。

では、いつ有給取得日を決めればいいのか。

答えは『4月1日』です。

もしまだ有給取得日を決めれていなければ、

今すぐ予定表に有給取得日を書き込みましょう。

取りあえず、20日分書き込んでおけばOKでしょう。

有給に対する考え方

日本人の素晴らしい部分でもあり、残念な部分でもある、

『謙虚の心』

筆者は、この心が大好きで、日本人の誇るべき部分だと思っています。

しかし、この謙虚の心が、有給取得を邪魔しているのも事実です。

『有給取得している暇があったら仕事しなきゃ』

『○○さんは有給取得できていないから、僕(私)も有給取得しない』

『そもそも上司が有給取得を許してくれない』

主体性を持ってください!!!

貴方が有給を取得することを邪魔できるのは、貴方だけです。

仕事が忙しいなら、業務の見直しをして、時間を作ってください。

○○さんが有給を取得できていないのは、取得する努力が足らないからであって、貴方のせいではありません。

上司が有給取得を許してくれないなら裁判を起こしてください。100%勝てるし、会社も良くなっていきます。

会社員は会社の奴隷ではなく、世界経済に無くてはならない人的資本です。

人的資本を守るために、法律で『有給』という権利が保障されています。

何故1万円の減給は嫌がるのに、1万円分の有給の消滅は許容できるのか。

もう一度、よく考えて、有給取得に励んでください!

最後に

最後まで読んで頂き有難う御座います。

基本的に有給は年20日分、権利として各社員に分け与えられます。

しかし、上限は40日(3年目の繰り越しは無し)と決まっています。

原則、有給の買取は禁止です。(金を払って、休ませない会社が出てきてしまうため)

有給取得のコツは、最初から予定として組み込んでおく。

土日祝日と同じ感じで、『この日、僕(私)休みますね』と1年間の計画を事前に共有しておくことで、周りとの折り合いもつけやすいです。

有給取得に対する文句を言ってくる人は無視しましょう。

時代遅れの人間に付き合う必要はありません。

会社とは、会社員がしっかり働かなければつぶれてしまいますが、

『有給』という権利を使う事で回らない、潰れるような業務や会社は、

そもそも根本的に業務量が人員と見あっていません。

職場業務内容改善から始めましょう。

それでは、今日も楽しい会社員ライフを送りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました