育児男子がインデックス投資する理由

投資編

こんにちは、イクメン目指して奮闘中のこはるパパです!

皆さま、日々の育児、お疲れ様です。

早速ですが、未来の事考えてますか?

子供の学費の準備・自分の年金問題。人生はお金がかかるもので、

資産のやりくりはとても大変ですよね・・・

皆さんの悩みが一発で解決する、「投資」について、御話する前に、

育児男子が投資をする5つの理由

育児している夫の皆さん。家庭を守るために、投資で下記理由を資金の悩みを解消しましょう!

その理由

  •  1.子供の教育費用の準備
  •  2.老後の資産形成
  •  3.インフレ対策
  •  4.豊かな暮らしをする為
  •  5.子供や孫へのプレゼント用資金の準備

順番に説明していきたいと思います。

1.子供の教育資金の準備

普段イクメンイクメンとちやほやされている素敵な旦那の皆さん。

息子・娘さんの教育資金は、いつまでにどれだけ必要か、ちゃんと把握してますか?

一般的には、子供が大学までざっくり1,000万円必要とされています。

もちろんすべて公立・全て私立・医療学部・美術学部等の要素で、金額は変わってきます。

絶対この道を歩ませたい!と決まっていない人は、とりあえず子供が17歳になるまでに

1,000円貯めるよう、意識していきましょう。

その場合、月5万円を教育資金として準備する必要があります。

「え?無理じゃない?早速無理じゃない?月5万って絶対無理。」と思ったそこのあなた。

正解です。実際には、17年間のうちに、ランニングコストとして教育資金は排出されていくので、

貯める時期・使う時期は明確に分かれています。

一先ずは、目安として、このくらい必要だよ。と考えておいてください。

2.老後の資産形成

続いては、老後の資金についてです。

老後って、結局どのくらい貯金しておけばいいのかな?と不安に思いますよね。

「老後2,000円不足問題」が取り上げられ、漠然と不安になっている方が多いんじゃないでしょうか。

老後はいくら準備しておけばいいの?という疑問の結論からいいます。

「人によって違うので、答えありません。」

・・・・期待はずれですいません。

そりゃそうだけど指標値ないの!?という方。

大丈夫です。あります。

毎月38万×12カ月×生きそうな年数(60歳~)

です。

曖昧すぎる。

これ、調べるとだいたいこの金額なのですが、仮に30年生きるとしたら、

38万×12カ月×30年=1億3,680万円

という結果になります。いやいや、公的年金って月20万くらいよ。

20万×12カ月×30年=7,200万 差額6,660万よ。

全然たりねーじゃねーか。2,000万用意してもあと4,660万円足りんわ・・・麻生さん勘弁してくれ。

38万って高すぎじゃないですか?皆さんは今、月いくらで生活してます?

この年齢って勿論、住宅ローンは返済済みですよね。あっても残り5年~10年くらいだし。

教育費も支払い済みですよね。

何に金使ったら38万もかかるのか、どのサイト見ても詳しく書いてないんです。

こういう老後いくら必要・・・とか書いてある記事って、だいたい保険会社。

煽るだけ煽って、食いついた魚になにをするつもりなのか。

それは、情報弱者から多額の手数料とお金を搾取する。そういう商売なのです・・・・。

自分が老後いくら必要かなんてのは、自分しかわかりません。

それでも、必要な金額は、公的年金以上に必要ではある人は多いと思うので、

各自計算しておいてくださいね。

3.インフレ対策

みなさんインフレってゆう言葉、ちゃんと説明できますか?

なんとなく、学校の授業で聞いたけど、ぶっちゃけよく覚えてないって人が多いのではないでしょうか?

インフレは

お金の価値が下がって、物の価値が上がること

を指します。

つまり、今日まで100円で変えていたマックが、次の日300円になっていたら。

100円の価値は、実質3分の1に。もしくはマックの価値は3倍になったという事です。

全世界で、インフレというものは徐々に徐々に進んでいます。

思い出してください。お母さんと一緒に買い物に行っていた頃、マックのハンバーガーって80円じゃなかったですか?

土地ってこんな高かったですか?

今もコロナの影響で、国がゴリゴリ紙幣刷ってますよね。

紙幣がいっぱいあると、普通にお金の価値って下がります。つまりインフレが徐々に加速します。

紙幣だと、インフレに負けます。

じゃあどうやってインフレと戦っていけばいいの?の結論は、投資です。

具体的には、インデックス投資と高配当株投資と不動産投資です。

あ、待って待って、まだ説明途中だから証券口座開きにいかないで。

特に銀行窓口に走り出したそこの君。まだ早い。行動が早いことはいいことだけど早い。

徐々にだから。インフレ。

とりあえずは、インフレについて、今日は覚えていってくれたらOKです!

 4.豊かな暮らしをする為

皆さんも老後、豊かな暮らしがしたいですよね~。

毎日好きな時間に起きて、好きなもの食べて、好きなところに行って・・・

残念。金がなければ一生労働です。

子供の教育資金で資金が枯渇しました・・・とか

趣味にお金使って資金が枯渇しました・・・とか

もう80歳まで労働しててください。

まだ把握しやすい期間をコントロールできなくて、

把握しづらい老後の期間をコントロールできるわけがありません。

収入>生活費+遊ぶ金=豊かな生活

この公式にたどり着くまで、頑張っていきましょう!

 5.子供や孫へのプレゼント用資金の準備

自分のライフベントがあらかた終わった後、子供のライフイベントが待っています。

立派に育てた子供が、今日、結婚します・・・

の時、「祝い金」、バッチリ決め込みたいですよね。

これって、親の意地と決意が籠ったお金だと思うんです。

いや、そういうのは金額じゃないでしょっていう考えもありますが、

子供からしたら、あったらあっただけ嬉しいですよね。

え?お父さんとお母さんの祝い金だけで・・・結婚式挙げられちゃう・・・・

とか思わせたら、今後一生親孝行してくれることでしょう。

明確にいくら必要とかはありませんが、子供の門出に、お金がないから1万で・・・

とかにはならない様、準備していきましょう。

という事で、長々と人生、お金が入用になるタイミングは多々あります。

その中で、どうやってお金を貯めていくのか。増やしていくのか。

今後、どんどん発信していきたいと思いますので、

宜しくお願いします!

ほいでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました