【学校では教えてくれない名著】漫画版バビロン 大富豪の教え【100年読み継がれる資産形成の基本】

投資編

何事も頭から否定する姿勢が『今日の貴様』を産んだのだ!! byアルカド

こはるパパ
こはるパパ

こんにちは!こはるパパです。

突然ですが、一つ質問をします。

お金持ちとはどのような人を指す言葉でしょうか?

やっぱり『お金を沢山持っている人』でしょうか?

良いですよね。お金を沢山持っている人。好きな事がやり放題ですね。

それとも『お金を沢山稼ぐ人』でしょうか?

お金を沢山稼げるなら、豪遊しても一杯お金が入っていますよね。

結論から言うと、それは『お金持ち』ではありません。

真のお金持ちとは、

お金の増やし方を知っている者』の事を指します。

お金を持っているだけでは、使えば無くなってしまいますが、

お金の増やし方を知っていれば、お金が無くなりそうでもお金を増やす事が可能の為、

人々はお金の増やし方を知っている人をお金持ちと呼ぶのです。

今回は、お金の増やす黄金法則を紹介している、

『バビロン 大富豪の教え』

という100年語り継がれる名著の本書要約と商品レビューを記事にしました。

✅こんな人にオススメ

  • お金持ちになりたいけど、お金持ちになる方法が分からない方
  • 活字が苦手で、資産形成の本が読めない方
  • 資産形成を始めたての方
  • FIREを目指す人
  • リベラルアーツ大学生
  • YouTube大学生

我が師匠 両学長と中田敦彦さんも、YouTubeで紹介しています。

人生を好転させたい人は、是非最後までご覧ください。

バビロン 大富豪の教え「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

まずは本書を読んで感じた感想は、

『日本教育よ!!!!何故学校の教科書に載せないんだ!!!!』

筆者の父は、学校の教諭なのですが、実家に帰った時、

ぶん殴って目を覚まさせてやろうと思うくらい、素晴らしい本でした。

流石は100年読み継がれてきた本だけはある。と、素直に感服致しました。

日本での金融教育は、本当に遅れています。

それは、『お金について語ることはダメな事』という、

謎ルールが世間体では常識だからです。

お金を稼ぐ為に働いているのに、

お金について語るのはダメな事。

日本人って・・・・・・・

金持ち父さん 貧乏父さんの話の中でもありますが、

お金持ちになれるのは、経営者か投資家のみ。

労働者

と専門家はお金持ちにはなれません。

しかし、学校が教えてくれるのは、『社会人か専門家』になる為だけの知識。

何故でしょうか。

理由は簡単です。

社会(上流階級の人間)は素直な歯車(労働者)が欲しいからです。

社会の為に、社会を回すための歯車(労働者)を量産することによって、

社会(経営者・投資家)は、歯車(労働者)の数倍から数百倍の稼ぎを得ます。

阿保らしくないですか?

一部の人間が楽する為に、僕ら一般の労働者は、駒になっているんです。

え?そんなこと言ったって、サラリーマンが居なかったら社会が回らないじゃないかって?

それ、洗脳です。

日本教育による洗脳を受けています。

今すぐ目を覚ましてください。

サラリーマンが居なかったら、社会が回らない。

それは正しい。

でも、あらゆる可能性があった中で、サラリーマンという道を進むのと、

サラリーマンという道しか照らされていない道を進むのでは、

天と地程の差があります。

社会貢献の為に働きたいと思う方もいるでしょう。

それは、あえてサラリーマンとして社会貢献する必要はないはずです。

社長になって、社会貢献すればいい。

投資家になって、会社を盛り上げ、社会貢献すればいい。

そうです。もし社会貢献がしたのであれば、アプローチ方法はいっぱいあるんです。

そして、社長も投資家も社会にとって、必要不可欠な存在なんです。

これら、どれが欠けても社会は回りません。

しかし、圧倒的に数が必要なのが、『社会人』。

だから、国家は社会人を増やそうと、その道しか照らさないのです。

実際は、こんな簡単な話ではないですが、事実上、そんな形態になっているのも事実です。

その形態から抜け出すためには、知識(マネーマネーリテラシー)をつけ、行動をする必要があります。

その『知識』に当たる部分の概念を、本書ではわかりやすく説明してくれています。

是非、知識を得て、行動する為の下準備をしましょう。

黄金を増やす7つの道具

無人島を生きようとする『奴隷』に、その日の魚を分け与えても意味がありません。

いくら魚を与えても、食べ尽くしてしまえば、餓死してしまうからです。

では、魚の釣り方を教えてあげればどうでしょうか?

これは、僕及び読者の皆様と同じでこと。

僕らが今、1000万円手に入れても、それに価値はありません。

重要なのは、明日、一万円を手に入れる方法を知ること。

1万円の価値は、1000万円に劣れど、その知識は、

いずれ1000万円以上の資産になると、本書には記載しています。

まさにその通り!!

今まさに、僕らが知らなければならない知識は、

どうすればお金が手に入るか。ではなく、

どうすれば継続的にお金を増やせるか。の知識なんです。

収入の十分の一を貯金するべし

これが第一の門『先取り貯金』です。

この世には、数多の職業・環境の人間が存在しますが、

こぞって「お金の不安」を感じています。

生活にかかるお金はバラバラだし、収入もバラバラなのに、

何故みんなお金が貯められないのでしょうか?

理由はいたってシンプル!

人間の欲望は底なし

だからです。

得た収入は、欲望のまま、全て使い切ってしまうのです。

え?そんなことない?

収入が上がれば絶対使い切らない?

今の生活水準で暮らしていける?

では、想像してみてください。

ボーナスが入ると、贅沢な事しよう。と思っている人が多いのではないでしょうか。

1円たりとも使用せず、貯蓄や投資に回せている人はいるのでしょうか?

ボーナスを貰っている人って、毎月の月収で生活はやりくり出来てますよね?

何故月収以上のボーナスが入った瞬間『贅沢をする』思考が参入してしまうのでしょうか。

そうですね。

人の欲望には際限がないからですね。

え?僕はボーナスを全額貯金してる?

・・・・・・・・・・・

ボーナスが入った時ぐらい親孝行せんかい!!

今すぐ親孝行せい!

母の日にカーネーション贈れ!

本題に戻ります。

人間の欲望に際限がないのであれば、

強制的に収入の10分の1を貯金に回し、

残りの10分の9では叶えられない欲望はあきらめるのです。

これが、お金もちへの道の第一歩

先取り貯金です。

欲望に優先順位をつけよ

第一の門を突破できた人間には、第二問を突破する資格を得ます。

第二の門は、『支出管理』です。

はい?俺の欲望は止まらねぇ?

ケチケチした人生なんて嫌だ?

うるせー貧乏人!黙って聞かんかい!

上記にも説明しましたが、

欲望に際限がない為、収入が良くなれば、その分使ってしまう。

逆に言えば、決まった金額の中で生きよと言われれば、

その中で優先順位を決めて生活が出来るのです。

つまり、支出管理をすることがお金持ちへの第二歩目です。

貯めた金を働かせよ

第三の門は『投資』です。

日本教育では全然教えてくれない、投資です。

年金だけでは高齢者を支えられなくなってきたため、急に日本が推奨してきた、投資です。

『老後2000万円問題』

これは、国が「年金受給額があなた達の代では、かなり少なくなるから、各自で2000万円用意してね」というメッセージを投げかけたことで、一時期大論争を起こしましたよね。

このメッセージは、「国は貴方たちの面倒を見切れなくなった」という事ではなく、

「税制優遇の制度を沢山設けるから、投資をしてください」というメッセージでした。

しかし、日本人は全く投資の勉強をしていないので、前者の意味で捉える人が多かったという事です。

危険や敵から金を守れ

第四の道具は『身の守り方』。

投資知識のなかった筆者は、

まんまと新築ワンルームマンション投資を2016年に始めてしまいました。

これが、第4の門。

危険や敵は、お金を狙っています。

消費にしろ、投資にしろ、浪費にしろ、ボッタクリ商品というものがあります。

そんな危険がいっぱいのこの世の中、どうやって危険や敵から身を守るかというと、

『賢者の知恵を借りる事』です。

僕の賢者は、以下の通り。

  • リベラルアーツ大学 両学長 さん
  • 投資家ぽんちよ さん
  • YouTube大学 中田敦彦 さん 
  • つみたてシータ さん
  • ヒトデ師匠
  • マナブ さん

先人の知恵を基に、判断しましょう。

より良き場所に住め

第五の門は『豊かな人生への投資』。

ただ、『安くて広い家』に住めばいいと思っている人がどれだけ多いか。

住居とは、幸せな生活と密接な関係にあり

その幸せがお金を増やすモチベーションに繋がっている。

その為、住居への支払いは『心を豊かにする投資』になり得るとの事。

分かりましたか皆さん。

僕のマンルームマンションに住んでください。

そういう事です。

今日から未来の生活に備えよ

第六の門は『将来の不安への防御』。

老人になって、動けなくなった自分や、

自分が死んだ後の家族に蓄えを残すのであれば、

毎月少しづつでもお金を積み上げる必要があります。

お金が積みあがっていけば、将来の「なんとなく」の不安が解消され、

心の豊かさに繋がってきます。

おじさん
おじさん

僕は独身だけど、保険で不安に備えてるから大丈夫!

僕が死んだら10億円入ってくるんだ!!

え?毎月の支払?15万だけど。

小さい子供が居る家庭の大黒柱の人以外、

保険は不要です。

いくらまでなら保険にお金をかけていいかって?

0円です。

理由はリベラルアーツ大学で勉強してください。

自分こそを最大の資本にせよ

最後の教えは『自分こそを最大の資本にせよ』です。

え?資本?え?財産の一部になるの僕?

って思ったあなた。

違います。

お金を稼げる人間と、お金を稼げない人間。

様々な要因はあろうとも、この二つには大きな境界があります。

その境界を分かつ、『壁(不変の真理)』をお伝えします。

勝利の女神は、行動した者の目の前にしか現れない

そこのあなた。

まだ悩んでいるんですか。

はい。どうぞ。買ってください。

教科書に乗せたいほどの名著が、教科書に載らなかったなら、

やるべきことは一つでしょう。

買って読んで行動してください

この物語は、黄金の法則を学んだ若者『バンシル』が、大富豪になるまでの物語です。

今まで紹介してきた7つ道具のページ数は120ページで、

本書は467ページの厚めの本になります。

こはるパパ
こはるパパ

こんな盛りだくさんの内容で、4分の1やん!

凄いタメになる・・・・

ぶっちゃけ、ここまででも相当面白く、タメになる内容の話でしたが、

この後、バンシルは友人に裏切られたり、師匠が侵略者をぶったぎったりと、

読み物として相当面白い内容となっています。

最初にお伝えいたしましたが、本書は漫画なので、

内容がスラスラ入って来る上、あっというまに読み終えます。

是非手に取って、読んでみてください。

こはるパパ
こはるパパ

壁は払われた!!

これから私たちは『同志』だ!!!

共に我らの財産の繁栄を誓おうぞーーーーー!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました